【子供の教育資金の考え方】

4年生大学に通う学生の2人に1人が奨学金を利用する時代となりました。

これは、親が子供の教育資金の全てを出してあげることが、難しい時代になったということ

その理由は、世帯の所得に対して、教育費が高額となる世帯が増えたことにある。

経済的なことは、経済学者やエコノミストの方に任せるとして

我が子の大学の費用をどうするか?

この時、思い浮かぶのは

「そもそもうちの子は大学にいくのだろうか?」

「行くとしたら、国公立の大学に行ってほしいなぁ」

「でも、やっぱり私立かなぁ」

「全額準備することってできるのか?」

「そんなこと、今から考えたってまだ子供は2歳だし」(笑)

そう、未来のことだから

正直なところ、誰にもわかりませんよね。

わからないから、計画なんです。

<大学の進学資金の計画にとって大切なポイントは2つ>

  1. 準備するお金を決めておく
  2. 早い段階で本人を交えて家族で話し合う

ポイントの1は「準備するお金を決めておく」

国公立に行くのか?私立に行くのか?県内なのか?県外なのか?

わからないですよね。

わからないから、決めてしまいます。

例えば、「国公立か、私立かわからないけど親として、国公立に行くだけのお金は準備しておく」

「もし、私立に行くのであれば、足らない分は自分で奨学金借りて行くようにさせよう」と行ったように金額の計画を立てます。

この時大切なのが、ポイントの2です。

「早い段階で本人を交えて家族で話し合う」

子供が、理解できるようになったら、教育資金の準備状況を伝えて、家族で話し合うことが大切です。

それは、中学校に入った時なのか、高校に入った時なのかは各家庭によって違って良いと思います。

「親として、これだけは準備している。でも、これ以上かかる場合は、自分の力でいかなければならないんだよ」

「それでも、学びたいだけのものならば、頑張りなさい」

もちろん、全力でサポートしてあげるんですよ

この時、子供はどう思うのでしょうか?

「親なんだから、全額出してくれよ!」と思うのか?

「わかった、自分の将来のことだからしっかり考える」と思うのかはわかりませんが

自分が、大学にいく意味、高校生なら、この高校生活をどのように過ごそうか?

自分の将来について考えることになると思います。

将来のことを考える時間をもたせてあげることは

とても大切な教育の1つです。

お金を出してあげること、だけが教育ではないのです。

子供の教育資金は、人生の3大支出の1つ

家族全員で乗り越えなければならない課題の1つです。

「人生は変えられる」”Make the Future  Life innovation の思いです。

関連記事

  1. 府立高校で職業人講話をしてきました。
  2. 積水ハウスセミナー講演報告
  3. 【ふるさと納税】
  4. 岐阜県立高校での講演
  5. 進学資金セミナー
  6. 大阪の公立高校へ
  7. 平成30年の1月に学校でセミナーします(^^♪
  8. 積水ハウスシャーメゾン様主催の相続セミナー

最近の記事

  1. no image



PAGE TOP